映画「もったいないキッチン」撮影秘話③

さて、前回に引き続き、「もったいないキッチン」映画撮影のレポートです!

お待ちかねのみんなでクッキングタイム&パーティー!!!

右から 自分、ダーヴィド監督、映画主題歌を歌う友達のみお、ダーヴィドと共に旅をしたニキさん

Chopping Time!!!

農場で採れた野菜だけでなく、形が悪くて卸せなかった野菜などを使い、料理をしました。

映画にも出ていらっしゃる青江さん。

指揮をとってくださったシェフは、Zero Waste Bistroの山内さん、ブラインドレストラン「暗闇ごはん」の青江さんのお2人。

100名近く?のお昼ご飯作りを指揮して下さいました。

撮影中!

メニューは、ちらし寿司、スパゲッティ、にんじんと小豆の和え物、もりもりサラダ、葉物の和え物、おにぎり、ズッキーニ、グリルポテト&野菜、胡麻和え、などなどなど。。。。たっくさんの色とりどりのメニューでとっても美味しかったです!!!!

みなさん素敵な笑顔

みんなでいただきます、をしてやっとご飯ターイム&パーティー!

お天気の中、心地よい風とステキな音楽、美味しいお料理を食べながら楽しい時間を過ごせました。

Davidに直接、このフードロスムービーを始めたきっかけを聞いてみました。

「David、すべてはどうやって始まったの?」

彼は、こう答えてくれました。「僕の住むオーストリアでは、街のスーパーにはゴミ箱があって、中身が見れるんだ。日本は鍵がかかってて中が見れないよね。それで、フタをあけてみたら、びっくりするくらいの食材が捨ててあった。賞味期限がまだ切れてないものも。それを見て、何かしなきゃ、と思ったんだ。世界中の食糧生産の3分の1は捨てられている。これは本当に大問題だ。オーストリアもたくさん捨てられているけど、日本も例外じゃない。一番の問題は今の食料システムだ。」

いよいよパーティーです!

「日本は素晴らしい国だと思う。食べ物に対してありがたいという感謝の気持ちや、無駄を出さない暮らしの術をちゃんと持っている。そして行動も早いと思う。ただフードロスについての思想がまだメジャーってないだけで。ヨーロッパでは、僕が提案しても、”それはいいアイディアだね”と言ってくれるが、それを実際に行動には移してくれないこともよくあった。でも日本は、僕が映画で来日してからすでにたくさんの良い動きがあった。本当に日本を信じているんだ。」

Davidはにこやかな顔で日本についてこう言ってくれて、嬉しくなりました。

現在全国で絶賛公開中!

みなさんぜひ観てみてくださいね!

***********************

KURAKINのおすすめ商品は、のこり染のエコラップや御朱印帳入れです^^詳しく知りたい方はこちらよりどうぞ

***********************

 

カテゴリー: KURAKIN BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です