こんにちは、KURAKINチームです。

ブログでは、KURAKINの最新ニュース、会社の取り組み、地球にやさしいをテーマにした記事を発信しています。

のこり染のグリーンは希少!?

5月となりました。
新緑がまぶしい爽やかな季節ですね。
頭上はみずみずしい若葉に覆われ、周りの景色は鮮やかに生まれ変わったかのように感じます。

今月はそんな季節ならではのお話をご紹介したいと思います!

濃いグリーンの「よもぎカラー」

のこり染で使っているよもぎ

のこり染カラーの中でも、落ち着いた深いグリーン色が特徴の「よもぎカラー」。
私たちはよもぎ餅を作る際に出る煮汁を頂いて、それを染料として使い染めています。

よもぎとは、どこにでも生えている野草の一種ですが、最近ではその薬効の高さから、お茶や食材としても使われるほど注目されています。

そして、のこり染で使用されているよもぎは、大変希少価値の高い種類を使っています。

よもぎと織田信長?

実際に栽培しているところ

栽培されている場所は、岐阜県伊吹山にある揖斐川町・春日(かすが)という所。
この伊吹山という山は、古くからよもぎを始めとした多くの薬草が自生しており、「薬草の宝庫」として有名な場所です。
また、織田信長がかつて人の病を治すために、ここに広大な薬草園を造ったとも言われています。

のこり染のよもぎは、この地で、この地だけに生える特別なよもぎとして、地元の方に大切に育てられています。
その方に乾燥されたよもぎを見せて頂きましたが、色もすごく綺麗な濃いグリーンで、香りも強くて新鮮な感じがしました。

伊吹山のパワーがつまった「伊吹よもぎ」。

そのよもぎを使い、地元のおばあちゃん達はよもぎ餅を作っています。
その際によもぎを煮出しますが、その煮汁 ー 本来なら捨ててしまうもの、を頂いて私たちは布地を染めているのです。

いかがでしたか?

自然の恵みを頂いているのこり染ならではのエピソードでした。

私たちはKURAKINの多くの商品に、よもぎカラーを採用しています。

ぜひ、日常の中に伊吹よもぎのパワーがつまったグリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

【本日のおすすめ】

よもぎカラーの「のこり染エコラップ」は、大変人気です。
ぜひ一度チェックしてみて下さいね^^

サンドイッチを包んで

株式会社 艶金

岐阜県大垣市十六町字高畑1050番地 KURAKIN事業部 墨 勇志

Tel) 0584-92-1821 Fax) 0584-92-1825
yuji-sumi.b@tsuyakin.co.jp

 

カテゴリー: KURAKIN BLOG

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です