こんにちは、KURAKINチームです。
ブログでは、KURAKINの最新ニュース、会社の取り組み、地球にやさしいをテーマにした記事を発信しています。

【youtube】再エネ100宣言RE-Action

私たち艶金は、日本国内中小企業、自治体などが、使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示す枠組みである、「再エネ100宣言RE Action協議会」に2020年1月より参加しております。

詳しくはこちら▷https://saiene.jp

再エネ100宣言 RE Actionとは、企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。

YouTubeでの取材撮影の依頼を受け、スタジオに行ってまいりました。
当社では、使用電力の10%を環境価値のある再生可能エネルギー電力の切り替えを本年7月よりスタートしております。

YouTubeアップされましたらご案内しますのでぜひご覧ください。

再生可能エネルギーってなに?

再生可能エネルギーとは、「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「太陽熱」「大気中の熱、その他の自然界に存在する熱」「バイオマス」の7種で、地球上に常に存在する資源を源とするエネルギーの総称です。
化石エネルギーは石油、石炭、天然ガスといった有限の資源からのエネルギーのため、将来の枯渇が予想されています。対して、再生可能エネルギーは原則として枯渇しません。

東日本大震災以降、温室効果ガスの排出量は増加しており、2013年度には過去最高の排出量を記録しました。
こうした中、2016年に発効したパリ協定においては、
(1)世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をすること、
(2)そのため、できるかぎり早く世界の温室効果ガス排出量をピークアウトし、21世紀後半には、温室効果ガス排出量と(森林などによる)吸収量のバランスをとること
などが合意されており、パリ協定のモメンタムの中で、温室効果ガスの排出量を削減していくことが必要です。再生可能エネルギーは温室効果ガスを排出しないことから、パリ協定の実現に貢献することができます。

総論|再エネとは|なっとく!再生可能エネルギー (meti.go.jp)

私たちも、地球がいつまでも美しい環境であり続けられるよう、そして今までの負担を少しでも減らしていけるよう、微力ながら貢献してまいります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です