特別展 「墨コレクション舶来の布の装い」

当社のかつての親会社(現在は資本関係はありません)艶金興業の、昭和時代の社長墨敏夫が、
毛織物の素晴らしさを多くの次世代の人達に感じてもらうために収集した
江戸時代から近代までのコレクションが愛知県一宮市博物館にて収蔵されています。

虫害に弱い毛織物は保存が難しいですが大切にしていただいています。

このコレクションの中から、江戸時代に外国からもたらされた布を用いて作られた陣羽織や煙草入などを展示しています。

陣羽織とは・・武士が戦場で着用した上衣場所 

愛知県一宮市博物館   
愛知県一宮市妙興寺2390 2021年11月30日〜2022年2月13日 

特別展 「墨コレクション舶来の布の装い」
https://www.icm-jp.com

是非ご覧ください。
画像は10年前の企画展の時のものです。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です