【8月】心が温かくなる話

こんにちは!
KURAKINチームです。

早いものであっという間に8月になりました。
いかがお過ごしでしょうか。

今月はお盆の時期がありますね。
お墓参りに行かれる方や、すでに行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はお盆に関連してちょびっと心が温かくなる話をしたいと思います。

お盆と聞かれると、様々なイメージが浮かぶかと思われますが、もともとはどんな行事なのでしょうか。


一般的に「お盆」とは仏教行事である「盂蘭盆会」(うらぼんえ)を指します。
日本のお盆は、「ご先祖さまの苦しみを救いたい」という供養と

「いつも見守っていてくれてありがとう。私は元気でやっています」という感謝の2つの意味合いが混ざり合った行事なのだそうです。


あなたのご先祖さまは何人?

私たちが今ここに生きていられるのは、自分たちを産んでくれた両親がいるから。
さらにはその両親を産んだ祖父母たちがいて、さらにその上には・・・。
どこまでも永遠に続く命のリレーがあります。


改めてそのことに想いを馳せると、不思議と自分そしてご先祖さまへの感謝の気持ちが沸き起こってきます。

昔から日本人はこの事実に強い畏敬の念を持っていました。
それが今でもお盆という行事が続いている所以なのでしょう。

ところで、あなたのご先祖さまは一体何人いらっしゃるか、数えてみたことはありますか?


恥ずかしながら私も産まれて初めて、調べてみました。

あなたの両親を1世代前として計算してみると、


1世代前 2人 両親
2世代前 4人 祖父母
3世代前 8人 曽祖父母



10世代前 1,024人
20世代前 1,048,576人
30世代前 1,073,741,824人



気の遠くなるような数字です。

30世代前は大体、室町時代あたりなのだそう。


このうち1人でも欠けていたら、あなたは今ここに生きていません。
それくらい、奇跡的なのですね。

今私たちがここにこうして生きていられることが、いかにありがたいことなのか、今一度感じてみましょう。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。