こんにちは、KURAKINチームです。

ブログでは、KURAKINの最新ニュース、会社の取り組み、地球にやさしいをテーマにした記事を発信しています。

今回の記事では、KURAKIN商品の中でも人気の「のこり染エコラップ」について気になる疑問を解消したいと思います!

「エコラップって電子レンジで使えるの?」

エコラップを初めて使う方なら誰でも気になる、こちらの疑問。

これについて、詳しく説明していきます。

「結論:電子レンジでは使えません。」

エコラップは、電子レンジでの使用はできません。

プラスチックのラップと大きく違う点なので初めて使う方は注意しましょうね。

のこり染エコラップの原材料について

のこり染エコラップの原材料は、オーガニックのコットン布地、みつろう、無農薬のホホバオイル、そして木の樹脂です。

みつろうは、私たちがいる岐阜県から。よりローカルな場所で取引することもエコにつながると思っています。

エコラップの布はオーガニックのものを使っています。コットン布地は、「bioRe(ビオリ) COTTON」を購入しています。
「bioRe COTTON」とは、インドとタンザニアで展開されている「bioRe PROJECT」から生まれるオーガニックコットンです。
bioRe PROJECTはスイスのREMEI社が中心となり、1991年からインド、1994年からタンザニアで始められました。
このプロジェクトの特徴は、単にオーガニックコットンを買い取るだけではなく、この地域で暮らす人々が自立していくための様々な仕組みを構築している点です。

オイルは、無農薬栽培原料のゴールデンホホバオイルを使用しています。
農薬・保存料・溶剤などの化学物質は使用しておりません。
真空低温蒸留によって精製し、香りを取り除いたタイプです。
精製(脱臭)処理の工程においても薬剤や化学処理剤などは一切使われておりませんので、安心できる純粋な100%ホホバオイルとなっています。

なぜ電子レンジは使えないの?

みつろうは熱に弱いので、電子レンジでは溶けてしまいます。

この原材料である「みつろう」は、その特性上熱で柔らかくなり、温度が上がると溶けてしまいます。

この特性があるため、エコラップは手の温かみで自由に形を変えられて、お皿や食品をピタッと包むことができるのですね。

しかし電子レンジを使用すると、完全に溶けてしまいます。

気をつけましょう。

おすすめの使い方 

エコラップ

KURAKINおすすめの使い方は、野菜や果物をそのまま包んだり、おにぎりやサンドイッチを包んだり、または袋状のように折って中にお菓子などを入れても良いです。

ご購入を検討の方はこちら

エコラップ

のこり染エコラップはこちらから簡単にご購入できますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【本日のおすすめ記事】

株式会社 艶金

岐阜県大垣市十六町字高畑1050番地 KURAKIN事業部 墨 勇志

Tel) 0584-92-1821 Fax) 0584-92-1825

yuji-sumi.b@tsuyakin.co.jp

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です