TSUYAKIN FARM 成長中!

かぼちゃ。これからどんどん大きくなあれ

こんにちは、KURAKINチームです。
ブログでは、KURAKINの最新ニュース、会社の取り組み、地球にやさしいをテーマにした記事を発信しています。

7月に入りましたね^^

本日7月2日はちょうど1年(365日)の折り返しの日だそうです。
2021年もあっという間に後半ですね。
これから本格的な夏に向けて、ますます蒸し暑くなってくる頃。
今月も皆様にとって良き月となりますことを、願っております。

夏野菜がまっさかり

さて、本日は現在のTSUYAKIN FARMの様子をお届けします。

TSUYAKIN FARMとは、2019年冬から自社の一画で始まった無農薬の畑です。
当社では、社員食堂から出る生ごみをコンポストで堆肥化し、それを使って小さな畑をつくり、野菜を育てています。
獲れた野菜は、社員に配っています。

現在のTSUYAKIN FARMでは、トマト、きゅうり、なす、かぼちゃ、いちご、ズッキーニ、枝豆、ねぎ、にんじんがすくすく成長中!

また先月は、アボカドとブルーベリーの苗木も手に入れました~!

畑自体は、小さいので社員全員分の野菜はまかなえませんが、それでも例えば最近は毎日きゅうりが獲れるので、その都度食堂に置いて社員たちに自由に持って帰ってもらっています。

立派なきゅうりができます
ナスもどんどんできていますよ~
かぼちゃの赤ちゃん。今年はたくさんできることを期待!

コンポストの堆肥のおかげで、土の状態も良くなってきているようです。

このように、社内から循環サイクルを実践することで、より分かりやすく身近にサステナブルな取り組みを意識してもらえるかと思います。

今後もTSUYAKIN FARMの様子は定期的に紹介していきます^^
どうぞよろしくお願い致します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【本日のおすすめ記事】

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です